うるおいplus

生活のお悩み、話題のアイテムなどのちょっとプラスをお届けします。

ダイエット

ダイエット中の『おつまみ』5選~コンビニで手軽に手に入る!

投稿日:2017年3月31日 更新日:

mehranba / Pixabay

「コンビニで手に入るダイエットにおすすめのおつまみは?」

お酒のつまみを買いたいけれど、なるべくダイエット効果が高いものがよい!と思いますよね。

 

お酒はやっぱりやめられない!けどちょっとでもおつまみに気を使いたい・・そんな人も多いでしょう。

 

そこで

コンビニなどで手軽に手に入りやすい太りにくいおつまみを紹介しましょう。

 

コンビニで手に入るダイエットにオススメのおつまみ

1 ビーフジャーキー

意外かもしれませんがビーフジャーキーは太りにくいおつまみとしてとても効果的です。

高たんぱくで噛みごたえがあるのでおつまみとしてベター!

糖分や油分がいっぱい入っているおつまみよりも、タンパク質のほうがダイエットには効果的です。

 

また筋トレなどのトレーニングをした後、寝る前にタンパク質を摂取すると筋肉を作りやすくなるといわれています。

 

同じような理由でスルメもおつまみに適しています。コンビニでもビーフジャーキー同様に手に入りますね。

 

※注意点

食べ過ぎは厳禁です。ビーフジャーキーは塩分が高いですので、

むくみや飲みすぎの原因となります。

よく噛んでゆっくり食べるようにして、食べ過ぎないよう気をつけましょう。

 

 

2 サラダチキン

セブンイレブンやローソンなどコンビニで気軽に手に入る、サラダチキン。鳥のむね肉を使っているおなじみのアレです。

 

こちらも高タンパク質低カロリーでダイエット中に向いているおつまみです。

 

プレーンのサラダチキンはお店にもよりますが、

だいたい一袋で90kcal~125kcalとかなり低カロリーです。

ちなみにコンビニ別のカロリーは以下になります。

  • セブンイレブン 125kcal
  • ローソン 97kcal
  • ファミリーマート 165kcal
  • イオン 125kcal

イオンのチキンサラダも載せましたが、一番ヘルシーなのはローソンになりますね。

 

 

3 魚肉ソーセージ

魚肉ソーセージもコンビニやスーパーで市販で、売られている食材ですね。こちらもダイエット中のおつまみに向いています。

魚肉ソーセージは高たんぱく&低カロリーの食材!

1本でだいたい140~150カロリーほどしかありません。子供用のお茶碗で1杯分ほどのご飯に相当します。

 

そのまま食べてもよいですが、ちょっと一工夫して、チップスにして食べるとおいしいですよ!電子レンジで簡単に作れます。

 

魚肉ソーセージチップスの作り方

  1. 魚肉ソーセージを2㎜ほどの薄さにカットする(ピーラーを使うと切りやすいです。)
  2. クッキングシートの上にソーセージを並べてレンジで2,3分600wでチンする
  3. 裏返して2分ほどチンする
  4. 焼き色がついたら出来上がり!好みで塩や青のりをかけます。

油分を使っていないのに、美味しく食べられます。ちょっと飽きたなというときのアレンジレシピとして、ぜひ作ってみてください。

 

4 アーモンドフィッシュ

コンビニに市販のアーモンドと小魚入りのおつまみがありますね。これもダイエット中のおつまみとして適しています。

 

アーモンドなどのナッツ類には、

脂肪の吸収を抑える効果や血糖値の上昇を抑えるうれしい効果があります。

また、

美肌効果が期待できるビタミンEも配合されています。

ただ、アーモンドなどのナッツ類はカロリーが高いです。1日25粒ほどが望ましいといわれています。

 

夜のおつまみでしたら、それよりも少ない量を食べるとよいですね。さらに

小魚には、カルシウムがしっかり含まれています。

食事制限をするダイエット中は、ミネラルやビタミンが取りにくくなることがあります。

 

おつまみで大切なカルシウムを摂取するとよいですね。

 

 

5 枝豆

takedahrs / Pixabay

おつまみの王道的存在の枝豆ですが、ダイエット中にはやはり効果的ですので、チョイスをおすすめします。

 

コンビニでもお安く手に入りますね。枝豆には、

  • 脂肪の吸収を抑制する効果のあるサポニン
  • 便秘対策になる食物繊維

さらに、アルコールの分解を促すビタミンB1も含まれていますので、お酒のお供としても最強です。

 

 

おつまみを食べるときの注意点

ちまたでよく話題になる○○ダイエットのように、一種類の食材だけに頼る食べ方は効果が期待できません。

 

ダイエット中のおつまみも同様に、同じ食材を食べ続ける方法はおすすめません。

 

またお酒自体糖質が含まれていますので、飲みすぎれば当然ダイエット効果は期待できせん。

 

同じように、おつまみを食べ過ぎても太る原因となります。

サラダチキンや魚肉ソーセージ、枝豆などのタンパク質は、筋肉を作るためには大切な成分ですが、取りすぎれば太る要因になります。

ほどほどの量を食べてお酒を楽しみましょう。

 

 

終わりに

コンビニで買えるダイエット中のおつまみのおすすめ5選でした。リフレッシュのために、お酒は飲みたい!

 

たまにこんな時がありますね。そんなときは、おつまみに気を使うとよいですね。

 

なるべくよく噛んで、ゆっくり食べてお酒を楽しみましょう。

-ダイエット

執筆者:

関連記事

【ヤセ菌を増やす10の食べ物】水溶性植物繊維をとるのが効果的!

PublicDomainPictures / Pixabay 「痩せ菌を増やす食べ物って?」 腸内には日和見菌の一種で、脂肪がたまりにくい効果のある痩せ菌(バクテロイデス)と脂肪をためこみやすいデブ菌 …

『ベジファースト』でお手軽ダイエット!野菜ジュースでもOK&効果的なやり方

jill111 / Pixabay 「ベジファーストの食べる時間帯や量が気になる!」 という人もいることでしょう。ダイエットに挫折しがちな人に人気のベジタブルファーストで、気軽に取り組めたらうれしいで …

【頬のお肉の落とし方】3ステップ~男女問わずできる方法

NDE / Pixabay 頬にお肉がついて笑うと、顔がパンパンになって太って見える!という悩みを持っている人もいることでしょう。   急に運動をやめたりすると顔にお肉がつくことがあります。 …

《ママチャリダイエットの乗り方》脂肪燃焼に効果的なこぎ方で楽ヤセを目指そう!

Pexels / Pixabay 「ママチャリダイエットで効果的な乗り方は?」 お金がほとんどかからないし、手軽なダイエット方法ですから気になっている人も多いでしょう。   自転車は疲れを感 …

【スナック菓子やめられない理由】脳に原因があった!昔ながらの食材で解消しよう!

FotoshopTofs / Pixabay 「スナック菓子がやめられない!」 「毎日毎日食べてしまう・・何かの病気?」 毎日1~2袋食べてしまう人も少なくありません。生理前に食べ過ぎてしまうと、生理 …