インフルエンザ時の空腹感~お腹がすくけど吐き気があるときのおすすめの食事


Angel Sleeps / planetchopstick

「お腹がすくけど吐きそう・・」

インフルエンザになってから空腹感があるけど、実際になにか食べると吐き気がする・・といった症状が訪れる場合がありますね。

また、食べないで我慢していても吐き気を感じることも。高熱だけでなく、胃腸系にも悪さをするのがインフルエンザのやっかいなところです。そこで

インフルエンザ時の空腹感と吐き気への対処法を紹介しましょう。

吐き気があるときのおすすめの食事についても、解説していますので参考にしてください。

空腹感はあるけど吐き気が・・

お腹がすくけど、体が受けつけないで吐き気を感じる・・こんな症状はインフルエンザでよく起きるのでしょうか。

なかにはお水を飲むだけで、なんとなく吐くような気がする人もいたり、空腹を我慢すると、かえって吐き気をもよおすケースもあります。

ただでさえ体がだるいのに、大変つらいですね。インフルエンザの症状として、

吐き気、腹痛、嘔吐、下痢、食欲減退

といった症状が出る場合がありますので、空腹感はあるけど吐き気がする・・というのは、けっこうあるケースです。

ではお腹がすいたけど吐き気も同時にくるときは、どのようなものを食べるとよいのでしょうか。

吐き気があるときのおすすめの食事

吐き気があるときには、無理に食事をとろうとしなくてもよいです。ただなにか口に入れると、空腹感が満たされることがありますね。

脱水症状を起こす危険がありますので、水分だけは取りましょう。吐き気があるけどお腹がすくときは、

  • 熱めの白湯
  • 味噌汁のスープだけ
  • ポカリスウェット

このようなものがおすすめです。無理に固形の食事をとろうとしなくても大丈夫です。

白湯は体の毒素を排泄する効果があるとされています。また味噌汁は、水分と電解質をとることができます。

熱が下がり、食欲が出てくれば、

  • ゼリー
  • おかゆ
  • うどん

このようなものを少量から食べるとよいでしょう。その後大丈夫であれば、量を増やしたり、普通食へと移行していくとよいですね。

熱があるときは、冷たいものは取らないようにするとよいです。またアイスクリームやヨーグルトのような乳製品や、バターなどの油分がはいっているお菓子やカレールーなんかは、まだ食べないほうがよいです。しっかり回復してきたら食べましょうね。

空腹のほうが早く治る?!

なかには体が空腹感があるほうが、インフルエンザの治りが早いという情報があり、気になっているという人がいるかもしれませんね。

結論から言って、

空腹感が、インフルエンザの治癒を高める確実なデータはない

空腹を我慢しているよりも、味噌汁のようなものを少しでもとるほうがよいです。病院から処方される解熱剤は、食後の服用するものもありますね。

ちょっとでも口に入れてから、服用するためにも、何か軽く飲食をするとよいですね。空腹感があること自体は大変よいことです。体がエネルギーを欲しがっているわけですので。

だからといってまだ吐き気があって、熱があるのに欲望のまま食べると、オエッと実際に吐いちゃいかねません。

嘔吐すると体力が奪われますし、体に必要なミネラルが不足することもあります。なにより、精神的につらいですよね。

空腹感があるけど吐き気がする場合、まずは、味噌汁や白湯、その後おかゆといったように、段階を踏んで摂取するのが望ましいです。

熱が下がりきって、ガンガン食欲がわいてきたら、好きなものを食べるとよいですね。

終わりに

インフル時に空腹感があるけど吐き気をもよおすときの対処法でした。食欲がわかないなら、無理して食べることはないですが、お腹がすくので辛いところですね。

高熱で吐き気があるなら、白湯や味噌汁を摂取するとよいですね。そのあとは、おかゆやうどんへと進みましょう。